睡眠障害って何?
睡眠障害とは、睡眠に問題がある状態のことです。

不眠症が有名ですが、眠れなくなる原因には環境や生活習慣、
精神的あるいは身体的病気、薬などがあります。

また昼間に強い眠気が襲うことや、睡眠中に起こす病的な行動、
睡眠のリズムが狂うことも睡眠障害と見なされます。

睡眠に関する病気は様々な原因が複雑に絡んでいることが多いため、
主観的症状と客観的症状を違った角度から検討しなければなりません。

日本では成人のおよそ21%が不眠を訴えており、
およそ15%は昼間に眠気を感じています。
これは人口の高齢化やライフスタイルの多様化、
24時間社会などが原因とされ、睡眠障害は国民病になりつつあります。

睡眠障害になると、日中のだるさや集中力の低下など
社会生活にまで影響を及ぼします。

睡眠障害が長く続くと、生活習慣病やうつ病に発展しやすいので、
適切な処理が重要です。

睡眠障害では生活習慣の見直しを行います。
年齢に合った睡眠時間や、同じ時刻に起きて昼寝を控えるなど
質の高い睡眠がとれるように対応します。

また寝つきが悪かったり途中で起きてしまったりといった不眠症に対しては、
睡眠薬や抗うつ薬などを使うことがあり、医師の判断に従って服用します。



最新情報

最新
(2015/12/09)睡眠障害に保険は適用される?


Copyright (c) 2015 All Rights 眠りたい。。でも眠れない。。。そんな困った睡眠障害について


メニュー

TOP
治療
保険